読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迎え角30deg.

上向きでも飛んでいかない日々。前に進むだけで精一杯。

ボーイング787@羽田空港

飛行機


Boeing 787-8 RJTT Rwy22 approach

7月7日、国内空港設備とのフィットチェックで日本国内を巡業しているボーイング787を見に羽田空港まで出かけてきました。
事前に発表されていたスケジュールでは、朝6時に羽田を出発し岡山空港へ、昼頃に離陸し13時過ぎに羽田に着陸。しばし休憩の後、15時に広島空港に向けて旅立ち、夜20時に羽田に戻ってくるというプランでした。

D滑走路が出来て、南風の時の南からの便はB滑走路への着陸が多いとのことで、着陸シーンは京浜島から狙うことにしました。3時間ほど前に到着して他の機体が着陸するのを狙ってイメージトレーニング。今回は直前に購入した一脚を使いました。

12時半過ぎくらいにエアバンドから「Boeing 787」が聞こえてきたときは鳥肌が立ちました。
徐々に迫ってくる大きく沿った翼、機体の割に太く力強いエンジン、優しげなノーズの表情、カメラのファインダーに入れたときは鳥肌と緊張で手が震えてしまいました。それでも、まぁなんとか見られる写真が撮れたのでホッとしました。

京浜島での撮影を無事に終えたら、ぴったりの時間に来たバス(1時間に1本!)で昭和島駅へ向かいます。モノレールに乗り継いで国際線ターミナルの展望デッキへ向かいます。

午後に順光になる国際線ターミナル屋上は大砲のカメラがフェンスをびっしり埋めていました。なんとかレンズ孔ポジションを確保して待機。
離陸予定は16R(A滑走路)の予定だったのですが、ANAtwitterアカウントとエアバンドから突然に16L(C滑走路)
にチェンジの情報が流れ呆然とする一同。しかし、数分後に16Rへの再チェンジが発表されホッとしました。

787は新整備場から出発して第2ターミナル方面へタキシング。ほんとに16Rから飛ぶのかなと疑心暗鬼なファンたち。旧管制塔の裏を回って16Rの方に現れました。

滑走路端にて気合いを入れるようなスタンディングテイクオフ。

静かにファンが見守る中エンジンを吹き上げて加速していく787。ぐぅっとしなる主翼が美しい。
シャッター音と静かなエンジン音だけしか聞こえませんでした。

こちらから他の写真もどうぞ。

B787@羽田空港2011/7/7

もう数年もすれば、日本中で見られるようになるのでしょう。滑らかな胴体に美しい翼をもったちょっと未来的な飛行機が飛び回る姿を早く見たいものです。