迎え角30deg.

上向きでも飛んでいかない日々。前に進むだけで精一杯。

SSTR2021ツーリング[2/2]

続き。早くまとめておかないと今年のSSTRが来てしまう。
aoa30.hatenablog.com

2021/10/10

SSTR走りきってぐったりモードなので、のんびり宿の朝ごはんをいただく。ご主人が炭火で焼いてくれたししゃもがとても美味しかった。ご主人も昔は大型に乗っていたが今は原二がちょうどよくて楽しいとのこと。


帰路に就く前に、やはり記念写真は撮っておきたいよねということで、再び千里浜なぎさドライブウェイに向かった。この日も飛び切り天気がよかった。さすがは元体育の日だ。


ここでしか拝めない景色を写真に収め、明るい時間の千里浜をまた走る。

楽しい時間だったのだが、ここでぐだぐだしたために意外と時間を食って10時を過ぎてしまった。明るい時間は貴重。ここでSカスタム乗りの友人と別れて8号線を東に向かった。目的地は長野の山ノ内温泉である。

続きを読む

SSTR2021ツーリング[1/2]

去年のSSTRに参加したときの記録。

SSTR = Sunrise Sunset Touring Rallyは、太平洋側で日の出を見てから、日の入りまでに日本海側の石川県千里浜海岸を目指すラリーイベントだ。途中、道の駅やSA/PAなどのチェック地点でポイントをゲットして、規定の点数を獲得できるよう走らなければならない。日の出ているうちに日本各地から千里浜目指してバイク乗りが集まってくるという、1人で走りながらも一体感が楽しいイベントである。

2021年の開催は10月であったが、エントリー申込みは7月だった。バイクに乗り始めて1か月くらいの時期で、果たして申し込んで大丈夫だろうか?と不安だったが、実走までに遠乗りを何回かこなしていたことも功を奏して無事走りきることができた。

2021/10/9

スタート地点は小田原の酒匂海岸にした。神奈川県内の海沿いで車両が入れるところは有料駐車場ばかりで日の出の時間は入れないところが多い。また、西側は西湘バイパスが海岸に沿っており近づきづらい。ここ酒匂海岸は西湘バイパスをくぐってアクセスできるところにある数少ない海岸だ。


▲酒匂海岸からスタート。日の出は5:45

SSTRの1か月くらい前からスタートできそうな地点はないかと何度か訪れていたのだが、9月末まで緊急事態宣言が発令されていたことで進入禁止のバリケードが立てられていた。解除されなかったときのために近場の別の候補地点も探しておいたが、なんとか予定通りの場所からスタートすることができた。SSTR参加者も多く20~30台くらいはいたのではないだろうか。だがそれよりも釣り人の車の方が多く駐車場は大混雑だった。

続きを読む

中央構造線に挑んだツーリングのこと

f:id:aoa30:20220416214346j:plain
天竜スーパー林道にて

去年の9月に行ったツーリングのこと。
国道152号に(できる限り)沿って走り、未開通国道の凄みを体感しようという趣旨であったが、結果としてR152を酷道たらしめている中央構造線の強大さの前に人類は為す術も無いということを体感することになった。

続きを読む

ST250のタンクの凹みを直す

中古で買ったときから少し凹んでいたST250の燃料タンクを直した。

f:id:aoa30:20220316221214j:plain
左側の真ん中辺りが凹んでいた。塗装に傷は入っていないので、何とか表面に傷を付けないように引っ張るだけで戻せないだろうかと考えた。

続きを読む

ST250 E Typeいじったところまとめ(2/2)

前の記事の続き。

ヘッドライトバルブ

f:id:aoa30:20220303223246j:plain
▲スフィアライト RIZINGα H4 4500K点灯中

純正は温かみのある黄色いハロゲンのバルブが付いているだが、いかんせん夜走ると心許ないほど暗い。最初の頃トンネルに入ったとき、本当に光っているのか分からなくて手を当てて確認してしまった程である。夜道が見えなくても困るし、車から見落とされても困る。やはりこれはなんとかせねばならんと明るいLEDに交換した。
純正バルブと簡単に入れ替えられるポン付けLEDを探して、スフィアライトのRIZINGαを選んだ。色温度は4500K. 純正ハロゲンと同じような色温度のものが良かったなとは思ってはいたが、実際付けて光らせてみたら黄色くも青くもない純粋な白で結構気に入った。意外と車体の雰囲気とも合っていて良い。

f:id:aoa30:20220303223620j:plain
左:純正ハロゲン / 右:LED (撮影条件は同じ)

別体コントローラの無いポン付けLEDでどれくらい明るくなるのだろうかと思っていたのだが、段違いの明るさだった。安全は全てに優先する。

続きを読む

ST250 E Typeいじったところまとめ(1/2)

2021年にカスタムしたところをまとめる。

リアウィンカーの移設

f:id:aoa30:20220302234020j:plain
左:純正位置 / 右:移設後

ST250定番のカスタムである。純正状態ではリアウィンカーがパッセンジャシートの真横に付いており、そのままではサイドバッグを取付けることが出来ない。全く設計の意図が分からない謎ポイントである。サイドバッグサポートを取付けるにもこの邪魔なウィンカーを車体後方へ移設しないといけない。

続きを読む

あの夏に会いに行くツーリング2021

2021年7月末 谷川柑菜生誕祭2021

夏になったら小諸に向かわなければならない。あの夏が待っているのだ。
あの夏が
▲小諸

1週間くらい前から天気予報はずっと雨予報で断念しようかと思っていたのだが、宿の予約リミットとなる2日前に7/31と8/1に晴れマークが現れたことで決行することとした。もはや、世界が谷川柑菜ちゃんの誕生日を祝っていると言っても過言ではない状況であった。

続きを読む