読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迎え角30deg.

上向きでも飛んでいかない日々。前に進むだけで精一杯。

入間基地航空祭

11月3日 入間基地航空祭に行ってきました。
最大の目的は未だ見たことのないブルーインパルスのフライト。

黒山の人だかりの前に翼を休める川崎重工T-4

行きたいな行きたいな、と思っていたものの去年はうっかりバイトを入れてしまってこれないままでした。入間基地の航空祭に来るのは今年が初めて。飛行場エリアに入ったのは以前に一度ありましたが。
まず、到着して人の多さにびっくり。都心から一番近い基地ということもあってか朝早くから人が多い。基地へ向かう踏切に向かって人がびっしり埋まってるのを見たときは、某ビッグサイトのイベント(の写真)を思い出しました。
行列の中で待っている最中も上空でYS-11がデモフライトで右に左に大きくバンクを取って飛び回っていました。


人だらけ。入間ベースのC-1がうじゃっと。


入間ベースの点検隊、Flight CheckerのYS-11。日本国内の旅客型YSが絶滅した今、これだけ元のスタイルを保っている自衛隊のYSは貴重。しかも翼の前縁がラバーブーツではない初期仕様といえばなおのこと。末永く日本の空を飛び回ってもらいたいです。

昼過ぎから待ちに待ったブルーインパルスのフライトです。観客の興奮も最高潮に達します。空は曇っていてスモークが空に映えなかったのだけが心残りですが、ブルーの演技は素晴らしいものでした。思っていたより低空で繰り広げられる演技はどれも技術とアイディアがこめられています。
観客はバーティカルキューピッドとスタークロスで大盛り上がりでした。空に絵を描くという意味ではとても面白い演技です。が、やはりパイロット達の本当の技が垣間見られたのは、スローロールとデルタロール。軸を一切ぶらすことなく機体を横に回して一周させるスローロールは、すべての舵をシンクロさせて滑らかにコントロールしなければなりません。6機のデルタ編隊がそのままの形を保ったまま横に1回転するデルタロールは、回転軸からずれた随伴機の上下を含む動きと、マニューバの指揮を執るリーダー機のライン取りが重要になってきます。この2種目、観客のウケはそれほど良くない地味な演技ですが見事なコントロールでした。感動。

ブルーインパルスの演技が終わると多くの人が帰り始めますが、自分たちはまだまだエプロン間際にしがみついたまま待ちます。各基地へ帰投する飛行機やヘリコプタを見るためです。


帰投するKV-107バートル。ヘリコプター達は皆、離陸してから観客に向けて一度機首を下げてお辞儀をしてから帰途につきました。タンデムローターのバートルがぴょこんと一瞬機首を下げる瞬間はなかなか迫力がありました。
SH-60J、バートル、ホークアイ、ハーキュリー、U-125、米軍のC-12などが順々に帰投していきます。皆こちらに手を振ってました。こちらも写真を撮りつつ振り返します。

そして最後の最後にブルーインパルスの帰投です。この頃にはエプロン間際にいた観客もだいぶ減り、フェンスの一番前まで移動してくることが出来ました。パイロットが乗り込んでエンジンをかけたT-4が目の前にとことこと進んできます!

こちらへ向かってくる1番機。T-4の造形は美しい。このカラーリングと相まって、イルカさんを設計した人のセンスが滲み出てきます。


自分の目の前あたりでくるっと誘導路に機首を向け滑走路へ向かっていきます。ほのかに暖かいジェットブラストを浴びる幸せ。パイロットは皆手を振っています。

初めて行った航空祭で人が多く疲れました(特にブルーインパルスの時はずっと背伸びだった)が、飛行機やヘリに間近に接することの出来る機会はそうそうありません。デモフライト・機体展示以外でも装備品やエンジンの展示、屋台、お土産・ステージショーなど楽しむところがたくさんあります。大満足でした。

ちょっと不満だった点は観客のマナーの悪さ。エプロン地域に広がるレジャーシート乱立する脚立の林。事前に公開されてるパンフレットにはレジャーシートと脚立は持ち込まないようしっかり記述されてるのにこの有様とは、日本の識字率が下がったと言うことなのでしょうか。果ては「レジャーシート持ち込むなって書いてあっただろ!!」とぶち切れたおじさんが片手に脚立を持っている、というカオス展開。友人は目の前に脚立のおじさんがいてとても見づらかったと愚痴を漏らしておりました。
人が集まるところにレジャーシートで場所取りするのは危ないですし単純に邪魔です。脚立も人混みの中で人に当たれば痛いし、自分だけ見られればいいという自己中の権化。この現状は入場時に取り締まりをした方がいいのではないでしょうか。もしくは、レジャーシートを敷いていいエリア、脚立を立てていいエリアというのを決めて、その中だけ許可するという方法を取る必要があるかもしれません。少なくとも無法地帯と化している現状は何とかした方がいいように思います。

「飛行機ファンはマナーが悪い」「ミリタリーファンは自己中だ」とか言われることの無いようにしていってもらいたいものです。