読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迎え角30deg.

上向きでも飛んでいかない日々。前に進むだけで精一杯。

フィギュアの飾り棚を作った

工作・DIY

IMG_6212.jpg
ねんどろいどは増える。
教科書にも載っている自然の摂理だ。仲間を呼ぶのか分裂するのか…(中略)…増えたねんどろいどは飾らなければならない。

今回、テレビの上にねんどろいど達を飾るための棚を作った。

製作

f:id:aoa30:20161106224630j:plain
今回の棚のキモになるのがディアウォールという2x4材に取付けて突っ張りの柱にしてしまう金具。これを使えば遠慮なく木ねじを打ち込むことが出来る柱が誕生する。

特に作業自体の写真などは撮っていなかったのだけれど、だいたい以下の通り。

  1. 2x4材を切り出す。長さも正確で垂直に切れるホームセンターの加工サービスで切ってしまうのが良い。説明書には2x4材の長さを天井の高さ-45mmとするよう書いてあるが、ネットを調べてみると-40mmがいいとのことで自分もその値にした。
  2. 2x4材の表面をサンダーで平滑に仕上げる。
  3. 2x4材を塗装する。今回は壁の色に合わせて白の水性ペンキを使用。
  4. 棚板を塗装する。オイルフィニッシュのナチュラル色で木目を強調してみた。
  5. ディアウォールで2x4材の柱を立てる。長さを-40mmとしたが特に問題は起きずしっかり固定できた。
  6. 棚受け金具を使って棚板を所望の位置に固定する。

f:id:aoa30:20161106231209j:plain
NDロードスターでも1900mmを超える2x4材を運搬することが出来る。(ただし晴天に限る)

耐震対策

避けて通れないのが地震対策。

ディアウォールで立てた柱自体はかなりガッチリしているので、棚自体が倒れる心配はなさそう。これが倒れるときは家自体がボロボロになっているレベルなのでフィギュアどころじゃないはずだ。

問題は棚板からフィギュアが滑り落ちる方だ。1m以上の高さがあるので落下したらフィギュアは無事ではなさそう。当初はミュージアムジェルを使って棚板にぺたりと止めてしまえばいいかと思っていたのだが、どうやら木材にはジェルの水分が吸い込まれてシミが出来てしまう上にしっかりくっつかないらしい。そりゃそうか…ジェルだもんな…。机の時と同じように耐水性のあるウレタンニスを塗り重ねればジェルを貼れる面が作れるはずだが、既に組み付けてしまった棚板にその作業をするのは至極面倒だ。何か対策を施したら本記事を更新する予定。

まとめ

IMG_6204.jpg

  • やはり、飾ってこそのフィギュアだよね。大満足。
  • DIY楽しい。

使った物

賃貸物件でも釘・ボルトが打てる柱が立てられるので他の所でも役に立ちそう。既にいくつか計画中。

TRUSCO ポケットレベル25×70

TRUSCO ポケットレベル25×70

柱を垂直に、棚を水平に作るには必須。100均の物でも十分。

ワトコオイル ナチュラル W-01 200ML

ワトコオイル ナチュラル W-01 200ML

棚板の木目が強調されて非常に雰囲気が良くなったので満足。ただ、耐水性はないので上記のジェルを貼れない問題が残ってしまった。