迎え角30deg.

上向きでも飛んでいかない日々。前に進むだけで精一杯。

私はアイカツ!のなにを見てきたのか

2/4日曜日の夕方、博多駅で豚骨ラーメンを食べ、福岡空港への地下鉄に乗り込んだ直後、ツイッターのタイムラインにアイカツ!新シリーズの情報が流れ込んできた。叫び声をあげる人、言葉を失う人、反応は人それぞれであったが、私も大変に動揺した。頭が真っ白になったまま飛行機に乗り込み、降機時にはiPadやらツアーバッグやらを機内に忘れそうになり、タラップの階段で足を踏み外す程度にショックを受けていた。

なぜ新シリーズの発表に私はこんなにも狼狽したのか。冷静に振り返ると一番ショックを受けたのは「STAR☆ANISとAIKATSU☆STARS!がアイカツ!シリーズから卒業する」「アイカツ!新シリーズでは歌唱担当を設けずキャラクタの声優が歌もこなす」という部分だった。

アイカツ!シリーズでは、ゲームやアニメで登場人物のセリフを当てる声優と別に、歌唱担当と呼ばれる人たちが作中のアイドルの歌を担当していた。アイカツ!からアイカツスターズ!までの5年間、STAR☆ANIS、AIKATSU☆STARS!が歌唱担当として活躍している。その日もAIKATSU☆STARS!のライブツアーで福岡まで遠征していたのだ。

自分は2016年4月からアニメのアイカツスターズ!をリアルタイムで見始め、アイカツ!バンダイチャンネルで後から追いかけたいわば新参だ。最初は歌唱担当が別にいることに対して特に思うところもなかったし、クレジットされているメンバーの名前もひらがな2文字3文字で正直区別が付かずにいた。しかし、何度かアイカツ!アイカツスターズ!のライブイベントに参加していくうちに捉え方が変わってきた。

アニメのイベントは声優さんがその登場人物を演じ登壇するのが普通だ。つまり、言ってしまえば登場するのは作中の登場人物そのものである。
対して、アイカツ!のライブステージは先に書いたように歌唱担当が登壇する。ステージ上で歌って踊るSTAR☆ANISやAIKATSU☆STARS!のメンバーは登場人物を直接演じるのではない。だからといって登場人物とかけ離れているわけではない。その姿は、アニメの登場人物と並んで「アイドル活動」に励むアイドルそのものであり、その登場人物たちのアイドルとしての成長が投影された存在に見えた。「アニメのアイドルの姿を演じている」のと「アニメのアイドルの姿がかぶって見える」のは全く違う。

AIKATSU☆STARS!のライブツアー愛知公演を見終えた直後の私は、ライブの様子を以下のように表現した。


虹野ゆめ歌唱担当であるせなさんの愛知公演での歌声は、先に見ていた仙台公演・東京公演を超える伸びやかさであった。「Message of a Rainbow」を堂々と歌い上げるその姿に、歌組のS4として四ツ星学園を率いるほどに成長した虹野ゆめがかぶさって見えたのだ。

登場人物そのものを演じる声優と、登場人物の歌・ダンスのパフォーマンスを担当するアイドル。その二本柱の相乗効果がアイカツ!シリーズの「アイドル」と「アイドル活動」の世界を作り上げているのだと思う。この立体的に作り上げられたアイカツ!の世界が大好きだ。

ツアーファイナルの福岡公演でその実感を深め、感慨に耽っていた翌日に先の新シリーズと新方針の発表である。この大きなパラダイムシフトは容易に受け入れられるものではなかった。発表から1週間が経った今でもまだ戸惑う気持ちが残っている。
アイカツ新シリーズでも、登場するアイドルたちの前向きな世界が描かれるだろう。そこで展開される「アイドル活動」はどのようなものになっていくのだろうか。思うところはいろいろあるし、言葉として書き出すにはまだまとめることが出来ない。


まずは、うたのおねえさんたちSTAR☆ANISとAIKATSU☆STARS!の卒業ライブとなる武道館で、これまでの感謝の思いを精一杯声援として届けられたらと思う。

冬コミC93にサークル参加してきた

f:id:aoa30:20180127133322j:image

今更の記事だけど。タイトルと一つ前の記事の通り、今回も前回に引き続き年末の冬コミにサークル参加して飛行機の脚の写真集を頒布した。前回より冊数を用意したこともあり、欲しいと言ってくださった方々に渡すことができた。「既刊がとても良かったので、新刊も楽しみです」「こんな飛行機の写真集は見たことがない!」などなど声をかけてもらえたし、Twitterのフォロワさんたちにも会えた。お手にとってくださった皆さま、声をかけてくださった皆さま、ありがとうございました。

 

今回のLanding Gears Vo.2は、前回のVo.1で入稿直前にどったんばったんした反省を踏まえて割と早めから着手していた。表紙のデザインやページの体裁もこれまで作ったものと変えるつもりはなかったので、正直余裕だろうと思っていた。実際、撮り溜めていた写真を眺めて、枚数が多くまとめやすそうな機体をピックアップしレイアウトする作業まではサクサク進んだ。問題は解説コメントだった。一部の機体で写真をいくら眺めてもキャプションが全く浮かばなかったのだ。着陸装置の構造を描写するだけなら出来る、だけど何でこんなにも書きたいことがないんだろうと悩み、「写真の枚数の都合がいいから載せてただけで、特別好きでもなかったんだ」ということに気づいた。
ここから一度リセットして考え直し、本当に好きだなって思う機体ばかりでレイアウトをほぼ全て組み直した。写真が足りない物も配置を工夫して何とか収めた。そうすると、こんなことを書きたいなということが浮かんできて何とか本を完成させることが出来た。結局入稿直前のドタバタは前回と同じになってしまった。伝えたいことを芯に持っておかないと、作品って完成することはないんだなと実感した次第である。

そんな飛行機の脚へのどろどろしたフェチを集めて煮詰めて詰め込んだ、飛行機の脚の写真集「Landing Gears Vo.2」をCOMIC ZIN様にて委託しています。飛行機が好きな方、メカメカした物が好きな方、模型の資料が欲しい方、怖い物見たさの方、なにとぞよろしくお願いいたします。

f:id:aoa30:20180127133849j:image

http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=35153

 

次はまた冬コミだろうか。とびもの学会は考え中。

【C93告知】今年も飛行機の脚の写真集を作りました

f:id:aoa30:20171216033706j:plain
脚っていいですよね。脚が大好きです。

飛行機の脚好きが高じて作ってしまった写真集のVol.2が出来ました。2017冬コミC93で頒布いたします。
以前より撮りためていた写真に加えて、夏休みのイギリス旅行で博物館めぐりをしてかき集めた写真も掲載しています。

飛んでいるときは必要ないけれど離着陸の時は絶対必要になる着陸装置は、その飛行機の飛ぶシチュエーションに合わせて設計され、大きな衝撃を受け止めかつコンパクトに格納しようという工夫が詰め込まれています。またその機能からメカメカとした構造がそのまま剥き出しになっていて装飾などがほとんど設けられません。突き詰めて作り上げられた飛行機の脚はその飛行機の本質そのものと言って過言ではないでしょう。是非とも脚から見る飛行機の世界を堪能してみてください。

スペース

今回も無事に場所を頂けました。メカミリ島の真ん中らへんです。
- C93 3日目 12/31(日曜日)
- 東2ホール P-10b
- サークル名: 迎え角30deg.

新刊: Landing Gears Vol.2

表紙

f:id:aoa30:20171216033701j:plain
TSR-2の力強い脚が目印です。

サンプル

f:id:aoa30:20171216033712j:plain
f:id:aoa30:20171216033718j:plain
f:id:aoa30:20171216033725j:plain

掲載機(13機)

今回はちょっと旅客機が多めでしょうか。大きな飛行機の脚も力強くて面白いです。

  1. BAC TSR-2
  2. Aero L-39 Albatros
  3. Saab 35 Draken
  4. De Havilland Comet/Hawker Siddeley Nimrod
  5. McDonnell Douglas DC-10
  6. Mikoyan-Gurevich MiG-21
  7. Hawker Siddeley Trident
  8. Boeing 747
  9. McDonnell Douglas F-4 Phantom
  10. NAMC YS-11
  11. Consolidated B-24 Liberator
  12. Ilyushin Il-2
  13. Boeing 737 Unpaved Strip Kit

本の情報

委託

COMIC ZINにての委託販売を予定しています。

既刊

C93当日は、既刊のLanding Gears Vol. 1.5も在庫に限り頒布します。委託の方は在庫切れになってしまいました。
aoa30.hatenablog.com

謝罪

サークルカットに勢い余って書いてしまった「米航空博物館訪問ガイド」は、原稿は書き起こしたものの本の形に組み上げるところまで到達できず落ちました。すみません。

パソコンのHDDが故障した顛末

パソコンのHDD故障を久々に体験した。原因追及から復旧するまでを整理しておく。
以前は自作PCのトラブルを検索すると、有用な情報に巡り会えることが多かったのだが、最近ではYahoo知恵袋やMSやAppleの禅問答のような掲示板のやりとりに胡散臭いまとめサイトの情報ぐらいしかヒットしない。少しでも参考になるような情報を残しておければと思った次第である。

環境(自作PC)

故障したHDD : Western Digital Green WD30EZRX 3.0TB

使用開始日 2013年5月頃(約4年半)
容量3TBのうち、約2/3程度を使用
個人的なドキュメント、写真、iTunesの音楽などデータドライブとして利用
ほぼ毎日プライベートで使用。起動時間は平日で3~6時間、休日はほぼ丸一日。

「使用期間4年半」というところでほとんど出オチと言っていいだろう。

発生した事象

  1. 突然パソコンのレスポンスが遅くなる
    • Lightroomで写真を編集しようとした際に、高精細の画像をロードするのにものすごく時間がかかる
    • マイピクチャフォルダを開くのに数分かかる
    • いつも20秒かからずにログイン画面まで進むのに10分くらいかかることがある
  2. ディスクの「アクティブな時間」が100%に貼り付いている
    • タスクマネージャのパフォーマンスタブにて確認
    • アクティブな時間が100%の割には転送速度が全然出ておらず、データが読み出されていない
    • 5分くらい眺めてると、時々データが流れるときがある
続きを読む

飛行機ときんモザ聖地巡礼のイギリス旅行 (後半)

夏休みイギリス旅行記の続き。
aoa30.hatenablog.com

8/16 RAF@Cosford

朝から車を北西へ走らせること2時間、コスフォードの王室空軍博物館に向かう。
IMG_4472.jpg
BAC TSR-2

昨日のロンドンRAFは前座でこちらが本命だ。
IMG_4246.jpg
一〇〇式司偵

TSR2と一〇〇式司偵と五式戦闘機の実機を目の前にして、うわあうわうわって叫んでいたことに記憶の大半が占められている。飛行機の写真と飛行機の脚の写真をしこたま撮影した。冬コミのネタ収集である。

f:id:aoa30:20170909030341j:plain
ここのカフェテリアでもフィッシュ&チップスを食べたのだが、やはりポテトに塩は振っていないし、タルタルソースもビネガーソースも無いので塩コショウで食べるしかなかった。朝ごはんの料理に味が付いていたのは、「味付け」という意味ではなく材料として練り込まれていただけかも知れない。

続きを読む

飛行機ときんモザ聖地巡礼のイギリス旅行 (前半)

夏休みにイギリス旅行に行ってきた。同行者は@har_uさんとイギリス在住者である@hijouguchiくん。ガイドブックに載っているようないわゆる観光地を全然回らない、タイトルの通りの旅行となった。あと、きんモザ聖地巡礼は後半なのでこの記事には出てこない。

8/12 成田→バンコク

日本を出発。成田空港までのバスを待つ暇つぶしに本屋に寄ったところ、きんいろモザイク8巻が出ていることに気づき購入。旅行を前に紙の本を買って荷物を重くするのもいかがなものかと思ったが、イギリス気運が高まっていたので良しとする。

IMG_2543.jpg
タイ国際航空 A380

今回はタイ国際航空を使いバンコク経由でロンドンを目指す。わざわざこの経路を選んだのはA380に乗りたかったからだ。ボーディングブリッジから巨人機の迫力に圧倒されながら搭乗した。座席は2階席の窓側、747の二階席と同様に、窓と座席の間に小物入れがあり非常に便利。機内食のタイカレーに舌鼓を打ち、アニメを見たり、うつらうつらしたりしているうちにバンコクに到着した。

8/13 バンコク→ロンドン→ケンブリッジ

バンコクからロンドンへのフライトは日が変わってからの出発となった。このフライトもA380だが別の機体に乗り換えることになる。同じように2階席の窓側列に収まったが、エアコンがとても強くパーカーを羽織った上にブランケットを巻き付けて芋虫のように過ごした。

IMG_2551.jpg
ヒースロー空港に到着し、電車のチケットを買って一路Cambridgeへ。Cambridge駅前のホテルにチェックインして荷物をパージ。身軽になったところで、DuxfordのImperial War Museumに向かうバスに飛び乗った。

この日のミッションはIWMの中のClassic Wingsでde Havilland Dragon Rapideに乗ることだ。
IMG_2893.jpg
de Havilland Dragon Rapide

IWMに着いて実際に動いているDragon Rapideを見た途端、涙腺が弛んでしまった。自分が「この世で一番美しい複葉旅客機」と信じて止まないDragon Rapide.それに乗ってみたいとずっと願っていたことが今叶うのだ。フライト予定は15時過ぎだったので、それまでの時間は博物館の展示を見ていたのだが、正直意識はそれどころではなかった。

続きを読む

Super GT Rd.4 菅生

今年も観戦してきた。

SuperGT 2017 SUGO
予選日早朝の公開車検は、ピットで静かに車を眺められる貴重な時間だ。

SuperGT 2017 SUGO
ランキングとかチーム構成とかよく分からなくなくても、カッコイイ車がビュンビュン走っているだけで幸せな気分になる。

SuperGT 2017 SUGO
久々に持ち出したSIGMA 50-500レンズは重かった。最後にこのレンズを振り回したのは1年前のスーパーGT菅生以来だ。帰国してからエアショーとかレースに行っていない。流し撮りの歩留まりが悪化している。

予選日の夜は、遠刈田温泉よりちょっと蔵王に登ったペンションに宿泊した。1日炎天下で過ごしたあと、涼しいペンションで温泉に浸かり、おいしいご飯とビールを飲んだところ、朝の早起きもあって8時過ぎにはベッドに倒れて起きなくなってしまった。目覚めたのは朝6時。こんなにも気持ちよく寝たのはいつぶりだろうと感じる爽快な朝だった。

SuperGT 2017 SUGO
決勝レースの日は雨がぱらつく予報だったので、カメラは全て車に置いて観戦に集中した。レースの要所要所で天候がくるくると変わるレースは流れが予想不能で最後まで大興奮だった。