読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迎え角30deg.

上向きでも飛んでいかない日々。前に進むだけで精一杯。

Northrop/McDonnell Douglas YF-23

IMG_6669.jpg
YF-23 PAV-1 Spider

コンペに敗れた試作機、実戦に間に合わなかった戦闘機、数回しか飛ばなかった実験機。IFの物語を思い浮かぶような儚い飛行機にはロマンを感じてしまう。YF-23もそのひとつ。

IMG_6078.jpg
国立空軍博物館に展示されているのはYF-23の1号機、チャコールグレーに塗られたS/N 87-800(PAV-1) Spiderである。なのに、なぜかノーズギア扉の内側には"GRAY GHOST"と書かれている。機体にも搭載エンジンYF119のメーカーであるP&Wのロゴが描かれている

IMG_6206
こちらがロサンゼルス郊外でモスボール状態に保管してあるYF-23の2号機、S/N 87-801(PAV-2) Gray Ghostである。PAV-1より明るい色に塗られているのがGrayの命名の由来である。だが、写真をよくよく見るとこちらのノーズギア扉の内側には"SPIDER"と書かれているのだ。どこかで部品が入れ替えられてしまったのだろうか。経緯も意図も全く分からず混乱してしまった。
ちなみにこの2号機はフェンス越しに眺めることしかできない。

IMG_6042.jpg
この飛行機の魅力は後部につまっていると言って過言ではない。水平尾翼垂直尾翼を兼ねるV尾翼と、エンジンの排気を機体下面に曝さないための独特のノズル形状。自分の撮った写真を見返してみたら、後ろ寄りから撮った写真ばかりであった。

IMG_6030.jpg
展示されているエンジンはPAV-2 Gray Ghostに搭載されていたGE製YF120。推進系は詳しくないのではるねーさんに解説してもらおうと思う。

非常に勉強になる。

アルバム