読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迎え角30deg.

上向きでも飛んでいかない日々。前に進むだけで精一杯。

Museum of Flight Restoration Center

博物館 飛行機

レストア作業が展示品

Hangar
シアトル市内にある航空博物館 Museum of Flightから車で約40分、Boeingの工場があるPaine Field飛行場の脇にこの小さな建物がある。ここはMuseum of Flightの活動の一つとして航空機のレストアが行われている作業場であるのだが、その建屋の中が博物館のように一般に公開されているのだ。
館内には、今まさにレストア作業が行われている機体やこれから作業される機体の部品、展示として常設されている機体が所狭しと詰め込まれており、人によってはガラクタの山にしか見えないが、ごく一部の特殊な趣味・性癖を持つ人たちの目にはお宝が山積みになっているように見える素敵な空間である。
作業机には加工途中の部品、図面、マニュアルが転がり、タイミングによってはボランティアの方が実際にレストア作業に励んでいる姿を見ることも出来る。時期によって作業している機体も変わるので、時々中を覗くと作業の移り変わりも楽しめるだろう。

一口にレストア中の機体と言っても、まさに作業が行われている物や、埃まみれで久しく触られた形跡が見えないんだけど…?って物まで幅広い。ネタもなかなかレアな代物が多く見物である。

Boeing SST
Boeing SST
ボーイングが計画していた超音速旅客機、の胴体部分モックアップ。実際に計画のみで終わってしまったプロジェクトであったので、ここにあるモックアップはその存在の数少ない物証だろう。コンコルドと同じように、離着陸時は前が見えるように写真右側に写っているバイザーを下げ、超音速飛行時はバイザーを上げる、そのメカの様子がよく分かる。一応、レストア中とは書いてあったものの、モックアップのレストアってどこがゴールなのだろうか。

De Havilland Comet 4C Cockpit
De Havilland Comet Cockpit
コメットは館内で唯一常設展示となっている。というのも機体は屋外にあるのだが、壁に穴が開けられて機首部分だけ館内に突っ込んである作り付けになっているのだ(最初の写真参照)。機内も公開されており、世界最初のジェット旅客機を体験することができる。アメリカ国内でのコメットの展示は珍しいが、先に書いた展示方法のために機体全体を眺めることが出来ないのは少々残念。

Lockheed Jetstar
Lockheed Jetstar CL-329 Prototype
量産型ジェットスターはリアに左右2発ずつ計4発のジェットエンジンを携えたスタイルが印象的だったため、ここに置かれていた機体がジェットスターだと気づくのに時間がかかった。一番最初に作られたプロトタイプ機は量産型とジェットエンジンが違い双発だったとのこと。ジェットスターと言えば、水平安定板のピッチを変えるためだけに、垂直安定板全体を前後に傾けるというとてもアグレッシブな設計が特徴的。もし今後尾翼が取付くようなことがあれば是非とも見てみたい。

727
Boeing 727-100
建物から空港側の敷地に出てみると、外にもガラクタお宝が転がっている。その中で一番のデカ物はこの727。さすがに飛行は叶わないだろうコンディションではあったが、訪問した日もボランティアスタッフが脚立に昇りNo.2エンジンマウント辺りでなにやら作業をしていた。その前には別の727の水平安定板が無造作に転がされておりスケール感の違いを実感させられる。(→まさかのまさか、飛行しました!2016/3/6追記)

Stringer Corrosion
727 Stringer
ところどころであるがこのようなレストア作業の紹介もある。ここでは727の後部エアステアの腐食したストリンガと、交換する新品のストリンガが並べられているが、このレストアセンターでこの腐食した部品が外されたということは、この部品が付いたまま大空を飛んでいたということなのだろうか。保管中に腐食しちゃっただけであって欲しいところである。

博物館スタッフは明るくて人好きなボランティアのおっちゃん達ばかりだが、こんなスタッフもいる。
Chance
猫のChanceご飯募金箱。このときはスタッフ猫に会うことは出来なかった。半年前に来たときはCleco(飛行機の組立に使う仮止め鋲の名前)という人懐っこいスタッフ猫が出迎えてくれたのだが、この間に世代交代があったようだ。飛行機を眺めながら猫をじゃらす至福の時間を味わうためにもまた訪問しなければならない。

飛行機の博物館だと思っていくと拍子抜けするが、バラバラになった飛行機の部品や飛行機の内部構造を見て楽しめる人にとっては、これ以上ない空間だろう。自分にとっては、レストア作業の中に仲間入りさせてもらったようなとても居心地の良い場所だった。
詳しい人が1人いればだいたい楽しめる普通の博物館とは違い、一人一人が詳しくないとよく分からない、端的にいうと非常にマニアックな場所だ。その道の人には非常にオススメである。

Hangarwww.flickr.com