読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迎え角30deg.

上向きでも飛んでいかない日々。前に進むだけで精一杯。

2012GW-瀬戸内・四国ツーリング4日目

ツーリング・ポタリング

5/1 ツーリング4日目。四万十川を走ります。

松山から特急に乗り宇和島へ移動。車内で朝ご飯に駅弁を食べたけど、世間的には平日だったみたいで出勤する方々の中でのんきにお弁当の臭いを漂わせていました。

宇和島に着いたら、路面はちょっと濡れてるけど雨もほとんど止んでる。

ダムによってテンション上げたり。

四万十川を目指して峠を登っていきます。たいした坂じゃなかったように思うのだけど、疲れがたまってるのか以外としんどかったのです。登ってしまえば、あとは川を目指して下り基調です。その後も川下りだしお気楽。


ちょうど四万十川沿いの道に入ったところでお昼のお時間。道沿いのお店で、川エビを食べました。

ちなみに自分は、四万十川沿いを自転車で走るのは2度目です。2009年夏の四国旅行で来たときは、鉄道旅でレンタサイクルを借りて数kmを往復したのみでした。その時は、天気は凄く良かったものの、前日までの天気のせいで川はドロドロに濁っていました。

そして、今回。


川の水は濁ってはいないものの、天気がいまいちで気持ちの良い景色とは言えない微妙な状態。
しかも、このあたりからぽつりぽつりと雨粒が大きくなってきました…。
雨が止む気配はないので、中村を目指してペダルを漕ぎ始めます。

ザーザー。


沈下橋に寄ったり鮎の塩焼きにかぶりついたりしながら、のんびり走ったのですが天候は冷たく体を濡らし続けています。


道の狭いところで路肩に押し出されそうになりながら車とすれ違ったり、水たまりに気を使ったり、じわじわと精神力が磨り減っていきます。ところどころある展望所の東屋で休憩しながらなんとかモチベーションを保ちます。保てなかったとしても、輪行で逃げることも出来ないので走るしかないのですが。
車で来た観光客が濡れ鼠の自転車乗りを見て引いてました。ですよねー。

中村駅に近づくにつれて徐々に雨脚が強くなっていき、駅に辿り着いて輪行形態に組み上げたところで、とうとう本降りに。間一髪でセーフ。
お夕飯にするお弁当とお菓子を買って、ぐったりと特急の座席に沈み込みました。
高知駅から雨降りしきる中、少し走ってホテルに転がり込みました。

翌日は高知市内から空港まで自走の予定でしたが、朝目が覚めるとザーザー降り。もうダメだと、空港バスに自転車を放り込んで、無難に高知県を離脱しました。

おまけ、高知→羽田便は羽田の沖止めスポットに駐機だったのですが隣に政府専用機。こんなに間近で見たのは初めてでした。

羽田空港からは高速バスで宇都宮へ。これまた首都高の渋滞が酷くかなり時間がかかりました。高速バスのトイレを使ったのは初めてじゃないかな。

宇都宮も雨でやはり家に帰り着いてもびしょ濡れ。後半はかなり体力を消耗する展開でしたが、

 ・フォロワさんとサイクリング!
 ・竹原の町並み満喫
 ・瀬戸内サイクリング
 ・尾道の町並み満喫
 ・しまなみ海道のんびり走行
 ・瀬戸内の海の幸満喫
 ・道後温泉満喫
 ・四万十川リベンジ叶ったり
 ・政府専用機見られた

と、大満足の2012年ゴールデンウィークツーリングでした!

このツーリングの写真はこちらにまとめていますので、よろしければ是非どうぞ!

2012GW瀬戸内・四国ツーリング