読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迎え角30deg.

上向きでも飛んでいかない日々。前に進むだけで精一杯。

車を買った話

雑記


1ヶ月ほど前のことですが、車を買いました。スバル インプレッサの最新モデル、インプレッサスポーツ2.0i-EyeSightです。

そろそろと思っていたこともあり、購入に踏み切りました。思い切れた理由は3つほどあります。

栃木県に引っ越して1年半が経ちました。こちらは完全な車社会です。県庁所在地なので駅前もそれなりに栄えていますが、日常生活では車を必要とする場面が多くあります。自転車だけだと大物の買い物が出来ない。そろそろ自由に使える脚が欲しいと思っていました。実家にいたときも、思い起こせばホームセンターでの買い物など車を使わないといけない場面は多々あったはずなので必要だとは思いついたはずなのですが、普段の通勤/通学が電車だったから印象が薄かっただけかもしれません。これが1点目。生活の脚が欲しかった。

次の1点は、趣味のため。つい数ヶ月前程からラジコン飛行機の世界に脚を突っこみ始めました。会社の人たちのグループに迎え入れられたわけですが、ラジコン飛行機をするには車が必須でした。飛行機を飛ばせる飛行場は郊外、飛行機自体も縦横1mを超える大きさのものです。飛行機以外にも送信機や充電器を持っていかないと飛ばせません。初めのうちは、会社の人の車に乗せてもらっていたのですが、ずっとそういうわけにもいかないし。

以上2点は、車がないと困るなぁという話で、積極的なネタではありませんでした。実際1年くらいはこの状態で「なんとかなるや」ともやもやくすぶっていたのです。
最後の1点が、購入に至った理由です。


それは、インプレッサのフルモデルチェンジ。

自分が車の免許を取ったのは大学1年の秋。通学経路にあったコヤマドライビングスクールでMTの教習を受けていました。コヤマの当時の教習車は、所内の1段階は三菱ランサー、路上に出る2段階はインプレッサでした。所内教習を無事クリアし、始めて路上に出るときに乗った丸目のインプレッサ。緊張しながら乗り込んでドアを閉めた瞬間、それまでのランサーの薄っぺらいドアの音とは違う重厚感のある音に感動しました。ああ、作りが違うんだと実感できる音。安心感を生んでくれる音。もちろん、世の中にはもっと素晴らしいドアの音がする車はいっぱいあったと思いますが、自分が運転する車での体験は強烈でした。それ以来、いつかインプレッサに乗るんだ、とずっと考えていました。

大学を卒業して就職し、地方都市に越して車の必要性が出てきました。もちろん最初にインプレッサを検討しました。が、先代(3台目)のインプレッサはスタイルはスマートで良かったものの、機関は改良されてるとはいえ20年物のEJ20エンジン、それにとりつくミッションは4ATでした。多段化や新型エンジンなど騒がれるこのご時世には少々物足りないスペックで二の足を踏んでいました。

そういう状態で、2011年にフルモデルチェンジされ発表された新型インプレッサは先代からかなり飛躍した物でした。フォレスターで採用された新しいボクサーエンジンFB20と新しいCVTトランスミッションレガシィで好評を博したEyeSightを搭載し、こっそりとアイドリングストップという今までのスバル車にないメカを搭載…プロポーションも厚みが出たことで良くなりました。自分の中では、新しいメカというガジェット感と好みのデザインになったことで萌えポイントが振り切れました。これに乗るんだ、と見たときに思ったくらい。
スーパーGTもてぎの前日に栃木スバルで開催されたR&D Sports LEGACY B4のファンイベントでこっそり展示されていた実車も確認。知り合いのつてでディーラーマンを紹介してもらい、先行予約の状態で成約しました。

1ヶ月半待って、今月頭に納車されました。
2月で雪のシーズンも半ばでしたが、スタッドレスタイヤもすぐに購入しました。納車の日には履き替えました。
実家にいたときは、雪が降ったら車は乗らない物、という教えで育ったので雪道でも自由に走れる車とタイヤというのが新鮮です。スキーにも数回行きました。ラジコン仲間にも披露しました。
今まで自分で辿り着くことの出来なかった場所に行けるようになった、ということが楽しくて仕方がないです。

今、冬タイヤを履いている以外はどノーマルの状態です。今後、車自体をいじっていこうという気持ちは実際あまり無いのですが、気持ちよく走れるようにはしていきたいです。
まずは、いじるよりもなによりも、この子に乗っていろんなところに行ってみたい!いろんな旅をしたい!と妄想が膨らませています。連休はどこに行こうかな、夏休みはどうしようかな…と止まりません。
今までの人生最大のお買い物でした。どんどん楽しみ尽くしたいと思います。