読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迎え角30deg.

上向きでも飛んでいかない日々。前に進むだけで精一杯。

たまごひこーき F-86製作 その2

プラモデル・ガレージキット

あけましておめでとうございます。

年越しは実家でした。正月はごろごろしながらtwitterびたりで寝正月、居心地良いものの少々退屈で3日には家に戻ってきてしまいました。こっちは工作環境あるし。

たまごひこーきの進捗です。
110105_1.jpg
胴体各所にあるヒケへのパテ盛りを済ませ、左右貼り合わせてインテークパーツまで接着しました。
写真では映ってませんが、キットでは板きれに椅子を置いただけで壁すらないコックピットのバスタブ部をプラ板で作りました。スロットルもどきが飛び出してるサイドコンソールや正面の計器板、針金をグニッと曲げただけの操縦桿など押し込んでみましたが、いかんせんデフォルメモデル故、だいたいご想像の通りの狭苦しい感じになりました。
なぜ、コックピットに手を入れたかというと、キャノピーを開けた状態で組み上げようかなと考えているため。こんなモデルでも「それっぽい」内装を作ってみることにしました。出来は、・・・?ですが。

110105_2.jpg
前後がギュッと圧縮されてるので、キャノピーを後ろにスライドさせると垂直尾翼にぶつかりそうです。
おしりの方の灰色の部分が胴体の一番大きなヒケをパテで埋めたところ。後部胴体の丸まっているところがつるつるスベスベでとてもさわり心地がよいです。

110105_3.jpg
耐水ペーパーを短冊に切って整理してみました。使いやすい。